ドイツで日本のスマホをお得に使う方法(実践編)

Garbenteich with AIS SIM2 FLY
ais sim2 fly


↑の画像は、シムフリー化したドコモのiphone7にAIS SIM2 FLYを差しています。
それをテザリングして、ソフトバンクを解約したiphone5(シムロック中)で自分で作ったyoutube動画を見ながら、
ガルベンタイヒを歩いている画像です。そして、その光景をiphone7で撮っているといるという状態です。
とてもややこしい説明でサーセン(笑)。


一言で言えば、ガルベンタイヒのようなローカルな場所でもスマホがサクサクで快適ってことです(笑)。




●準備編の記事はコチラ




今回初めてドイツに来て、ホテル以外でスマホを使ってみましたが、
とてもよかったです。



当初は有名なthree社のsim(3G)を購入し、それだけを使おうと思っていましたが、
去年くらいから旅行ブロガーの方々がAISのsim(4G/3G)も結構使えると言っていたので、
お試しで購入してみました。









しかし、ドイツでは都市部の一部だけで4G回線になり、
その他のほとんどは3G回線になるというレポートだったので、
多分threeもAISもどっこいどっこいの勝負になって、
次からはthree一択になるだろうと予想していました。



しかし、予想に反して、AIS SIM2 FLYはフランクフルト国際空港に着いた瞬間から4Gが入り、
日本で使うのと同じ感覚で使うことができました。
ちなみに、この時掴んだドイツの電波はボーダフォンでした。
ボーダフォンを掴んだ時は地下(空港、駅)以外はすべて4Gで快適でした。



three simとAIS simの比較を参考までに現地でつぶやいてみました。
但しこれは、実はフェアではないんですね。回線の速度は端末の性能も影響します。
GALAXY2はiphone7に比べると5~6年ほど古い端末ですので、あくまで参考としての動画になります。


4G回線と3G回線では勝負にならずに、
結果はAIS SIM2FLYの圧勝でした。


しかし、日によっては、同じ場所でもボーダフォンの電波を掴んだり、
O2(オーツー)というキャリアを掴んだりしていました。
O2の場合は3G回線だったので、あまり早くはありませんでした。



設定タブの中に手動でキャリアを選ぶ箇所があるのですが、
うまく設定できませんでした。おそらく、その時最適な電波を掴む仕様なのだと思います。



ちなみにO2を掴んだのは、2日目にシャークスにいった日。
そして、3日目にワールドに行った日です。



それ以外はボーダフォンの電波を掴んでいたので、
4G回線で快適でした。



以下は下り速度の記録になります。あくまで参考でお願いします。
空白は未計測。AISのキャリアの記載がない場所はボーダフォンの4G接続でした。
使用アプリはiphoneはspeedtest、galaxys2はブラウザのBNRを使用しました。


実測
計測場所iphone7 with SIM2 FLYgalaxy s2 with three sim
 フランクフルト国際空港 10,1M    
 フランクフルト中央駅 12,2M

 東横インフランクフルト 10,3M

 FKK マインハッタン 14,6M
 ダルムシュタット 3,12M (O2 3G)

 FKK SHARKS 10,5M (O2 3G) 280,96Kbps 3G
 ダルムシュタット(帰り) 9,51M (O2 3G) 708,46Kbps 3G
 ギーセン 1,12M (O2   3G)    計測不能
 FKK World 1,95M (O2   3G)
 ギーセン(二日目) 3,31M

 ガルベンタイヒ 5,84M
 FKK World(二日目)  4,75M


参考 マインハッタン(AIS SIM2 FLY)
1321.jpg


参考 シャークス(three)
1326.jpg



ついでにフランクフルト中央駅→ギーセン間ののどかな田園風景でもサクサクつながる状況をご覧ください。
グーグルマップ大活躍です(AIS)。


AISのシムは日本でも利用することができるので便利です。
狂犬の場合、my docomoで自分でiphoneをシムフリー化したんですけど、
本当にシムフリー化されたのか不安だったんですが、渡独前に日本でテストできるのはよかったです。



設定も超簡単でした(AIS)。
ドコモのsimと差し替えると、灰色のパスコード画面がでてくるので入力します。
「アクティベートできません」みたいな文言がでてきて、「なんじゃこりゃ」と思いましたが(笑)、
5分くらいすると、いきなりソフトバンクの電波を掴みました。後は設定アイコンをタップして、
データローミングをオンにするだけ。ドイツに到着して機内モードを解除するとすぐに現地の電波を掴みました。



threeシムの設定も超簡単でした。
こちらは日本では設定できないので、ドイツに着いてからの設定になります。
端末によって違うと思うのですが、こちらはsimを差すだけで使えました。
APN設定も不要でした。当初はSIMカードが刺さってませんと表示されましたが、
こちらも5分くらい放置してると自動で繋がりました。


さて、独断と偏見でどちらがおすすめかまとめます。



●AIS SIM2 FLYが向いている方

・どちらを買ったらよいか迷っている場合
・日本と同じような感覚で利用したい場合
・電車で移動中も音楽や動画配信サービスも利用したい
・ドイツへは2週間以内の滞在
・ルーマニアに行く予定がない(記事を書いてる時点でルーマニアは未対応のため)

 【楽天】


【アマゾン】



●Three SIMが向いている方


・とにかく低コストがよい
・FKK女性を口説いてルーマニアに行く予定がある
・2週間以上の長期滞在予定
・回線速度は求めない

【楽天 12G】


【アマゾン 1G】




どちらを選ぶかはアナタ次第です!





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PR

Twitter
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

@佐賀の狂犬

Author:@佐賀の狂犬
Danke scho"n

PR
リンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク