スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DJI OSMO ポケットを購入しました!

dji osmo pocketテスト動画



どうやら今年のクリスマスもサンタさんは狂犬のところにはやってこないようです。。。(笑)
なので、自分自身でクリスマスプレゼントを購入することにしました。



物事の伝わり方は、話や記事より動画のほうが伝わりやすいと思います。
※個人差があると思いますが。。。



OASEを除く、
フランクフルト中央駅から4つのFKKの行き方の動画をyoutubeにUPしてみたんですが、
狂犬はずっと手振れが気になっていました。



あの動画は全部iphone7で撮っています
当初は自撮り棒を付けて撮っていたんですが、
あれって結構、周りの人に嫌がられるんですよ。



「お前何撮ってんだよ?」的なね。



でっ、ある時本当にジャーマンマフィアに絡まれてしまって、
目の前で動画を削除させられてゴメンナサイ状態になり、まぢ泣きそうでした(笑)
※ガチな話です



でも、やっぱり綺麗な動画を撮って、
はじめてFKKを訪問される侍ジャパンの皆様の役に立ちたいとずっと思っておりました。



解決策としてはジンバルがあります。
ジンバルを簡単に説明すると、大きくなった自撮り棒です。
これを使うと手振れが改善されます。



当時のお値段は約3万円ほど。
今は1万円台で購入できます。



しかし、リレーのバトンくらいの大きさがあり、
電気屋さんで実物を見ると、かなりでかいんです。



もうね、いかにもってスタイルなんで、
フランクフルト中央駅でも歩こうものなら、
ジャーマンマフィア待ったなしですわ(笑)。



続いて候補になったのが、GOPRO7です。
お値段約5万円です。現在は手振れ補正の性能も格段にあがったようですが、
カルマグリップというGOPRO専用のジンバルと編集ソフトの購入を見積もると、
約10万円ほどかかるで、普段動画など撮らない狂犬にはちょっと予算オーバーな感じです。


しかも、4K動画の編集は高スペックPCがないと厳しいのです。


どうしよっかな、最新iphoneとジンバルで行こうかなぁ?
と思っていた時にDJI OSMOポケットの販売を知りました。



簡単に言うと、ジンバル付きの小型カメラ。
レンズが明るく、夜間撮影に強い製品です。



しかも、PAYPAYのキャンペーンも丁度同じタイミングでやっています。
電気屋のポイントを合わせると、なんと定価の3割引きで購入できるのです。



狂犬は思いました。神様が、

「狂犬、悪ぃ。今年もお前んとこサンタさん行かねーから、OSMOポケット買っとけ」
「でっ、動画一新して皆さんに届けろや」と言ってるんだろうとね(笑)。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DJI公式】Osmo Pocket【送料無料】
価格:44900円(税込、送料無料) (2018/12/22時点)




たくさんの方がyoutubeでレビューしてますが、
実物は想像以上に小さいです。
しかもiphoneでも編集できます。


GOPROに比べると画角が狭いという意見もありますが、
それは方向性の違いじゃないかなと思います。


TOPの動画は、ど素人の狂犬が、
ただ録画スタートのボタンを「ピッ」って押して、
持って歩いただけです。
技術の進歩って凄いなって思いました。


4K60fで撮りたかったんですが、
それだとiphoneに同期ができませんでした。
狂犬のiosが古いのか、今後対応するのかはわかりません。


でも3万円ちょっとでこの動画だったらありでしょう?


あなたは、DJIOSMOポケットを使って、
どんな思い出を残しますか?


ps
DJIOSMOポケットを利用するには、
マイクロSDカードが必要になります。
4K60Pで撮影するなら、高品質なマイクロSDカードを選んだほうがよいと言われています。


えらそーに言ってますが、
商品引き取りの時、店員さんに言われて、思わず舌打ちしそうになりました(笑)




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PR

Twitter
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

@佐賀の狂犬

Author:@佐賀の狂犬
Danke scho"n

PR
リンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。