FKKで働く女性達の性格とは・・・?


そんなもん、ひとそれぞれに決まってるという突っ込みは無しでお願いします(笑)。

狂犬はFKKに行くまで、白人女性との経験がないのはもちろんのこと、話したことすらなかったんですね。
いや、もしかすると、どこかで道を聞かれたことくらいあったかも知れませんが、記憶にありません。

でもよく考えると、外国語を専攻しているとか、外資系の企業に勤めてるとかしてない限り、
多くの方が、狂犬と同じような環境ではないでしょうか・・・?

ちょっと話はそれるんですが、狂犬が出張の時、贔屓にしてる中華料理屋があるんです。
中国の方が経営されており、麻婆豆腐が抜群に旨い店です。
辛いものが苦手な狂犬なんですが、そこの麻婆だけは激辛だけど、不思議と食べれてしまいます。

その店の店員は、中国からの留学生のJKとかJDくらいの娘が数人バイトしています。
店に通ってると、日本の飲食店と比べて、接客に少し違いがあるんですね。

例えば、夏の暑い日に来店して水を出されて一気に飲み干したとします。
日本だったら、気を利かせてすぐに水をつぎにやってきますよね?
いや、正確に言えば、空になった時点で条件反射で水をつぎにやってきますよね。

でもこの店は違う。
水を一気に飲み干して、バイトの娘は空のコップを見ているんだけれども、水をつぎにはやってこない。

狂犬はずっと「気が利かねーなー」と思ってました。
ある時、海外生活が長い先輩とその店に行く機会があり、そのことを先輩に話したんです。

すると先輩、

「狂犬、気が利かねーんじゃないんだよ」
「彼女達は、水が欲しかったら、水が欲しいと言うと思ってる」
「気が利くとか利かねーとかの問題じゃなく、考え方のストラテジーが違うんだよ」

と、教えられました。

正直、すとらてじぃはよくわかりませんでしたが(笑)、日本人と考え方が少し違うということはわかりました。

そう、

思ったことがあったら、それをストレートに言わないと、相手には伝わらない


FKKでも同じです。


ちょっと繰り返しになるんですが、狂犬はFKKでタイプじゃない女性を断るとき、
「NEXT TIME」と断っており、日本語的には、「また、今度ね」で通じてると思ってました。

でも、実際は全然通じてないんですね(笑)。
NEXT TIMEと言われた女性は、文字通り「○○の次」と思ってるから、
狂犬がソファにじっと座ったままだと、数分おきに営業にやってきます。

狂犬は通じてると思ってるから、えっ、なんでこの娘また営業にくるの?とモジモジしてしまう。
そして、狂犬の煮え切らない態度に、女性からキレられるということを何度か体験しました(笑)。

何度か体験すると耐性が出来るんですが、白人女性の「キレ方」には、当初はびびりました。
妻帯者や付き合いが長い彼女が居る方は、一度や二度はかなりの言い争いをした経験があると思いますが、
FKKでは会って数分の女性にそれをやられます(笑)

白人女性は笑顔がめっちゃ素敵なんですが、その反面、怒った時は般若みたいでめっちゃ怖いです・・・。
文字通り豹変します。手が届きそうな位近くに寄ってきて、目をガン見しながら、ストレートに物事を言ってくる。

洋画なんか見てると、男女が言い争うシーンがよくありますよね?
リアルにそれも体験できます(笑)。

実際、彼女達の営業のスタイルは自信満々系が多いです。下手に断ろうものなら、
「(こんな魅力的な)私の誘いを断るなんて、あなたどうかしてるわ・・・」
「モルダー、あなたつかれてるのよ・・・笑」
的な営業スタイルです。



しかしその反面、ホメ言葉を言うと、ほんとに心から喜んでくれるんですね。
例えばFKK-Worldのアリーナ。

you are so beautiful
you are the most beautiful of all the world
※文法とかのミスは多めにみてやってください

狂犬はこの位のことしか言えないんですが、彼女はほんとに嬉しそうにしてくれるんですね。
彼女以外にも、綺麗な女性ほど、頬をポッとしながら、心のこもった「you ara welcom」の返事をくれます。

ええ、レクサスが新車で買えるくらいキャバクラに通いつめた狂犬は、
それが本音なのかリップサービスなのかくらい、簡単に区別がつくのです(笑)

多くはないんですが、もちろん、一定数センセィティブな女性もいます。
逆にセンセィティブの女性は、アジア人よりも、よりセンセィティブな気がします。
情が深いというか、尽くしてくれるというか、そんな感じです。
センセィティブという響きがかっこいいので、ちょっと書いてみました(笑)。

ここで書いたマイナス面は、ほぼPのことなんですが、
やはり、思ったことは言わないと伝わらない。
皆さんはPに行った時、タイプじゃない女性を何と言って断りますか・・・?



あっ、ちなみに例の中華料理屋。
狂犬があまりにもチャイナガールに声を掛けるので、
※吉林省出身の○○ちゃんとまで情報はゲットしました。
今は、男性店員が水を持ってくるようになりました・・・(笑)。


日本では絶対できない体験ができる。そう、FKKならね。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PR

Twitter
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

@佐賀の狂犬

Author:@佐賀の狂犬
Danke scho"n

PR
リンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク