ドイツで日本のスマホをお得に使う方法(準備編)


AIS社 SIM2FLY
sim2fly.jpg

Three社 1G sim
threesim.jpg

↑ドイツで使えるsimカードを2つゲットしてみました



2018年にFKKデビューをされる方もたくさんいらっしゃると思います。
狂犬と同じように、初海外がFKKだという方もいらっしゃると思います。



特に、狂犬と同じように英語が苦手な方は、
ドキドキと不安が入り混じった気持の方もいらっしゃるかもしれません。
そんな場合でも、現地でスマホさえ使えればなんとかなると思います。



そう、スマホが使えればね。



グーグルマップの利用など当然のことと思いますが、最近は翻訳アプリなんかも性能がよくて、
スマホのマイクに日本語で話しかければ、あらゆる国の言葉へ変換して音声にしてくれるアプリもあります。
ルーマニア語に対応してるアプリも多いので、スマホ持込OKのFKKで使えば受けると思います(笑)。



と言いつつ、狂犬自身、
ドイツではホテルのwi-fiとスタバのwi-fi以外使ったことがありません。
なので、今回は準備編として。利用後実践編を報告しますね。



もちろん、2014年に初めて渡独した時は、レンタルwi-fiを持って行きましたし、
現地simにもトライしてみようと思いましたが、うまくいきませんでした・・・orz。
なので、当時、実際頼れるのは、FKKの行き方を書いたメモ帳だけでした(笑)



ホテル外でも使えるものと思っていたスマホが使えなくて泣きそうになりましたが(笑)、
その結果、変な自信がつき、ネット環境無しでケルンにも行きましたし、ベルリンにも行きました(笑)。



なので逆切れして(笑)、
「こうなったら、ホテルとスタバ以外ではネットは使わんばい」と決め込んでいたんですね(笑)
実際、フランクフルトにある5大FKKは1~2回行けば、何も見ずに行けるようになるので、
スマホが使えなくてもそこまで不便は感じません。


しかし、初めて訪問する時や、
他の都市に移動する時は絶対に使えたほうがよいと思います。




今回購入したsimカードの説明の前に、海外で使う場合のスマホ事情について、
簡単に触れておきますね。ドイツで日本のスマホを使う方法は大きくわけて4つあります。



①キャリアのローミングサービスを利用する


海外パケホー代や海外1dayパケなどを利用すれば、
特別な手続きをせず、そのまま利用することができます。
しかし、1日約3,000円かかります。


7日間ドイツに滞在するとしたら、3,000円×7=21,000円。
そこに普段のスマホ代を足せば、約30,000円になります。
旅行ブロガーのブログを見てもあまり使ってる人はいないようです。


特別な手続きは不要ですぐに利用できるのはメリットですが、
潤沢な資金がある方や、経費で落とせるならよいかもしれませんが、
一般的には割高感がありますよね。


メリット:楽チン
デメリット:費用が高い



②モバイルwifiルータをレンタルする


狂犬が2014年渡独した時はこの方法でした。モバイルルーターの大きさはiphone5位でした。
歩くwi-fiスポットといった感じで利用できます。


ドイツに着いたら、wi-fiルータがドイツの電波を掴み、それが基地局となります。
そのwi-fiルーターから半径数mに電波が飛ぶので、自分のスマホやPCをwi-fiモードにして、
IDとパスワードを入力すれば利用できます。費用は1日1,000~1,500円くらいです。


複数台同時接続できるので、友達同士で渡独する場合は割り勘すれば割安に利用できると思います。
しかし、レンタルなので、貸し借りが地味にめんどくさいし、荷物が増えます。
狂犬がレンタルした商品は接続がダメダメでした・・・。


メリット:友人同士での訪問だとよいかも
デメリット:レンタルするのが地味にメンドクサイし、充電器なんかもあるので、荷物が増えます



③ドイツで現地simを買う。
※SIMフリースマホが必要です


海外に慣れてる人はこのパターンが多いですよね。なんといっても旅慣れ感がかっこいいですね。
ドイツのコンビニにはたくさんのsimカードが売っているので、
自分のニーズに合わせたsimを購入できるので経済的です。
10ユーロくらいからありました。


デメリットとしては、当然ですが、ドイツに着いてからお店に行きsimカードを購入しなければなりません。
しかし最近は、ドイツに居住にしてない人に対してsimを売らない傾向にあるということ。
そして、simの開通作業をする必要があることなどがあげられます。


恥ずかしかったんで記事にはしませんでしたが、
かくいう狂犬も実は、ギャラクシー2のsimフリー機をドイツに持ち込んで、
ホテルモノポール横のお店にsimを買いに行きました。
旅行ブロガーの方が、そのお店は設定までしてくれると書いていたからです。
しかし、お店に入ると、店員は女性で、「設定なんてしないわよ!」と言われあえなく撃沈しました(笑)。


メリット:かっこいいし、経済的
デメリット:初心者には難易度が高い



④ドイツに行く前に、ドイツで利用できるsimカードを先に購入しておく
※SIMフリースマホが必要です


今回ご紹介する方法ですね。
日本にいる時に楽天やアマゾンなどで、ドイツで利用できるsimカードを予め購入する方法です。
simの開通作業済みなので、iphoneなら差すだけ、アンドロイドも簡単な設定で利用できます。
この方法だと、フランクフルト国際空港についた瞬間から利用できます。
ドイツに着いた瞬間からスマフォが使えると何かと心強いですよね。


メリット:今後の主流か?
デメリット:通信専用なので、電話が使えないことくらい?



●SIMフリースマホが必要


③と④の方法を実践する場合は、simフリースマホが必要です。
simフリースマホとは、いろんな会社のsimカードを利用できるスマホのことです。
専用のsimフリー端末を別途購入するのもよいですが、
今使ってるスマホをそのままsimフリー化するのが経済的です。



狂犬のiphoneは、ドコモで購入したiphone7なので、当然ドコモのsimカードが入っています。
このままでは、他の会社のsimカードを指しても認識せず利用することができません。
これは、ドコモがドコモのsimカード以外は使えないようにiphoneにロックをかけているのですね。
これがsimロックです。
※ソフトバンクやAUをご利用中の方は、各キャリアにご確認ください



そこで、ドコモ以外のsimカードを利用できるようにするためには、simロックを解除しなければなりません。
やり方は2つあります。



①近くのドコモショップへ持って行き手続きをする。
②マイドドコモから自分でsimロック解除する。



①のデメリットは手数料が3,000円かかることです。
狂犬はその時、②の方法を知らず、ドコモショップでギャラクシーS2のsimロック解除をしました。



②は超簡単です。時間にして1分くらいでできます。費用も無料です。
作業そのものより、マイドコモのsimロック解除の場所に行き着くまでのほうが大変です(笑)。
ヒントは、mydocomo→手続き・申込み料金の確認→ドコモオンライン手続き→その他→simロック解除です。
※simロック解除は自己責任でお願いします。



※simフリー化は、iphoneであればiphone6からできるようです。
出来る端末、出来ない端末などの条件は各キャリアにて確認してみてください。



狂犬は今回、simフリー化したので、定番のthree社のsimと、
最近人気急上昇中のAIS社のsim2flyを購入してみました。



※ドイツ滞在中にどれくらいの容量のsimが必要なのか、なかなか判断が難しいと思います。
そんな場合は、日本にいる時に、1日意識してスマフォを使ってみて、
翌日マイドコモ等で使用した容量を確認してみるとよいと思います。



狂犬の感覚だと、種類にもよりますが、1時間位動画を見ると1Gくらい消費すると思います。


●Three社 イギリス製(本社は香港)


ドイツで使えるsimカードですが、正確にはヨーロッパのほとんどの国で利用することができます。
ドイツはもちろんのこと、ルーマニアやハンガリーやポーランドなどでも利用することができます。
ドイツでは3G回線が利用でき、テザリングはできません。
値段は容量によっていくつか種類があります。


●1Gで30日有効なタイプ
●3Gで90日有効なタイプ
●12Gで360日有効なタイプ


今回狂犬が購入したのは、1Gで30日間有効なタイプです。
円安、円高によって値段は前後します。楽天では1Gのタイプが見つけきれませんでした。
ご自身で比べてみて安いほうで購入すればよいと思います。


【1G/30日有効】【アマゾン】



【3G/90日】【楽天】



ちなみに狂犬は今回アマゾンで1G30日を1,670円で購入。
送料無料でした。注文から7日で香港から到着しました。狂犬はプライム会員ではありません。

【設定方法】
iphoneならほぼ差すだけ、アンドロイドの場合も簡単な設定で利用できます。
説明書はなく、設定の仕方はメールで届きました。
開通期限の記載はありません。


●AIS社 タイ製

最近、人気急上昇中のsimカードです。狂犬はこちらを本命で購入しました。
もともとはタイ人が海外に行く時のために販売されたものです。
基本的にはアジアに強く、なんと日本でも利用できます。ドイツでももちろん利用できますが、
記事を書いてる現在、ルーマニアなどでは利用することができません。


回線速度は4G(LTE)または3Gで、テザリングも可能です。
記事を書いてる時点でドイツで使えるタイプは、容量は4Gで15日のもの1種類のみの販売。
15日以降も速度は落ちるけど開通から1ヶ月利用可能とのこと。
楽天のほうが高めですが、期間限定ポイントなどあればそれで手に入れてもよいかもしれませんね。


【楽天】


【アマゾン】



狂犬はアマゾンで送料無料で3,400円で購入しました。
注文して3日で東京から到着しました。


【設定方法】
iphoneならほぼ差すだけ、アンドロイドの場合も簡単な設定で利用できます。
丁寧な説明書が同封されています。
開通期限の記載は、購入した時から約10ヵ月後の記載がありました(今回のケース)



※両simとも追加(チャージ)は可能ですが、難易度が高いため(イギリスやタイで発行したクレカが必要等)、
使いきりとして使ったほうがよいようです。






関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

PR

Twitter
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

@佐賀の狂犬

Author:@佐賀の狂犬
Danke scho"n

PR
リンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク