FKK-World again

FKK-World
IMG_2718.jpg

本日は帰国の日。
当初の予定は、ホテルをチェックアウト後、
スーツケースを持ってSharksへ行こうと計画していましたが、
チェックアウト後もホテルがスーツケースを預かってくれると知ったので計画変更です。
IMG_2916.jpg

候補はFKK Sauna Club MainhattanかFKK-World。
朝食を食べながら、チェックアウト寸前までずっと悩んでしました。

最後にアリーナ姉さんに会いたいなと思いましたが、
本日出勤しているという保障はありませんし、
もしかするとMainhattanでS級の女性に出会うかもしれません。

前回も最終日はWorldにしたから、今日もWorldに使用と決めました。
もちろん行きはガルベンタイヒから歩きです。
IMG_2754.jpg

今日のWorldはまったりです。
男性は30人くらい。
女性も同じくらい。

去年狂犬がはじめて訪れた時と同じような感覚です。
しつこい営業はなく、挨拶的な営業な感じです。
このまったり感いい感じです。

入店後すぐにサブリナとその仲間達に会いました。
サブリナがいるってことはアリーナ姉さんもいるはず。

サブリナには軽く挨拶をしてアリーナ姉さんを探します。
ホールからプールに降りる階段の途中でアリーナを発見。

画像のサミー・アームストロングはショートなんですが、
髪型を前髪ありの肩まであるグラデーションボブしたらアリーナになります。
arina (2)

「ハーイ」と狂犬。
「オー、キョウケン」とアリーナ。
やっと狂犬の名前を覚えてくれました。

「私と部屋に行きたいんでしょ」とアリーナ。
台詞だけ聞くと上から目線に感じるかもしれませんが違います。
でも狂犬の心理をずばりついている凄い台詞です。
多くの日本人をファンにしているアリーナ、凄いです。

「今日はきょうけんが初めてだけど、昨日は5人の日本人と部屋に行ったのよ」とアリーナ。
日本にいる風俗嬢に5人指名がついたのとはわけが違います。
日本から約10,000キロも離れたドイツの小さな町、ここポールハイムで5人の日本人に指名されるとは・・・。
うーん、凄いとしかいいようがない。

得意げに日本でしか売ってないグッズを見せてくれました。

誰ですか、くまもんプレゼントしたの(笑)?
誰ですか、某回転寿司のストラップをプレゼントしたの(笑)?

かくいう狂犬もちょっとしたプレゼントをアリーナとサブリナに持っていきました。
彼女達がもらって一番うれしいのはユーロに間違いないんですけど、
やはりお土産はうれしいみたいです。目をキラキラさせて喜んでくれます。

去年はじめて来たとき、結構ボロボロの某サンリオのグッズを持ってる女性を多く見ました。
「結構年季入ってるね?」と訊ねると、「気に入ってるから」と答える女性が多かったです。

気に入った女性用に何かプレゼントを持っていくかいかないかは貴方次第です(笑)!


今回もアリーナとは山小屋へ。
※下記FKK画像はFKK-WorldHPより
fkk world room

プレイ?
そんなもん最高にきまってるじゃないですか!
狂犬のようなFKK初心者は彼女に心をつかまれてしまうと思います。

また彼女に会いたいなぁ。

あっ、そういえばアジア人女性が一人いました。一匹狼系でした。
話す機会はなかったのですが、見た感じから韓国か中国の女性だと思います。

インド人の女性も営業にきたなぁ。
国際色、かなり豊かになってると思います。

さぁ、サウナで汗を流して疲れをとり帰る準備をします。
サウナ後、サウナ室の前にある浄水器の炭酸水は冷たくてうまいです。
炭酸水を片手にWorldの庭を一週歩き、開放感を味わいます。
※下記FKK画像はFKK-WorldHPより
fkk world forest

Worldの庭は上記画像のまんま。
庭というより森ですね。小鳥のさえずりやすずしい風、そして美女の裸体。
最高の開放感を味わえます。

帰りはさすがにタクシーで。
飛行機に間に合わなかったらしゃれになりません。
夏のドイツの風物詩でしょうか?トラクター軍団が爆走しています!
IMG_2907.jpg

タクシーの運転者は格闘家のズールによく似た黒人。
会話はほとんどありません。なんかこえーと思いながらギーセン駅近くになった頃、

「日本人、行きはいくらかかったと」ズール。
「行きは歩きで行ったから」と狂犬。

「あっ、まぢかよ?」とズール。
「ガルベンタイヒからだよ」と狂犬。
「oh, I see」とズール。

再び沈黙。

えっ、何、コイツ、もしかして狂犬の返答次第ではぼろうって感じなの?とちょっと不安な狂犬。
ギーセン駅に到着し、狂犬の中でドラムロールが鳴ります。と、

「18ユーロ」とズール。
ほっとな肩をなでおろす狂犬(笑)。

タクシーによってはメーターがない(見えない)車もあるんで、
そこらへんは注意が必要です。ギーセンWorld間は20ユーロ以下なら妥当ではないでしょうか。
Gießen
Gießen



日本では絶対できない体験ができる。そう、FKKならね。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 行って来ました

> 狂犬さんのブログで興味を持ち、worldに行って来ました。度肝を抜かれる凄さでした。私に「ちんこ、ちんこ」と声をかけてくる子がいたのですが、狂犬さんにマッサージをさせてた子かもしれませんね。
> ブログ、ありがとうございました。
> 良い経験が出来ました。
> 二度と日本の風俗は行かないと思います
> 笑 。

けんさん、

コメントありがとうございます。
僕もはじめてFKKを訪問した時の衝撃は今も忘れることができません。
ホントに度肝を抜かれる凄さですよね。
またのご報告、楽しみにしています。
PR

Twitter
カテゴリ
最新コメント
プロフィール

@佐賀の狂犬

Author:@佐賀の狂犬
Danke scho"n

PR
リンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク